店長のDISC BLOG RC サクセション 「COVERS」


カバーズ

当時RC サクセション「COVERS」発売中止のニュースはショッキングだった

作品はもうすでに完成していて発売日まで決まっていてレコード店にはプロモーション盤が届いていたらしく、店内に流れているのを聴いた 

それを聴いて「わ、なんかおもしろそう」と思った

問題になった「LOVE ME TENDER」と「サマー・タイム・ブルース」はすでにLIVEで演奏していて、その替え歌の内容に沸いたが「原発をなくせ!」みたいな事にはならなかった

むしろ発売を中止にしたことで反発を招いてしまい騒ぎになった、 

あのまま、普通にリリースしていれば何にも起こらなかったはずだ、かえって「反原発」の意識を高めてしまった

☆RC サクセション 「COVERS」
この騒動のせいでいわくつきになってしまったが、三浦友和、桑田圭祐(クワタケ イスケと変名)、坂本冬美、高井麻巳子(元おニャン子、現秋元康夫人)泉谷しげる、など意外なゲストが多数参加して、バンドを始めた頃の好きな曲をコピーしてわいわい楽しんでいる雰囲気を感じる

この頃チャボは渋めなPLAYをしているが故 山口富士夫さんがHARDめなGUITARで厚みを加えている

反原発 反核 反戦などが歌われているが清志郎はそれほどシビアに考えていなかったと思う

ジミヘンやPPM(ピーター、ポール&マリー)の真似をしたかった、そんなところじゃないかな


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/998-91cd7361