スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長の孤独なグルメ 【長崎ちゃんぽん】

なぜか無性に「ちゃんぽん」が食べたくなってしまった

しかしだ、「ちゃんぽん」というものは関東圏に住んでいるとチェーン店のあのお店ぐらいしかなかなか食べる事が出来ない

チェーン店のお店というのは誰でも好むような味付けで均一化している 

たしかにあのお店のちゃんぽんは美味しいがいつでもどこでも同じというのは面白くない

そう思っていたらなんとタイミングのいい事に目の前に「長崎ちゃんぽん」とかかれた暖簾がかかっているお店があるではないか なんとシンプルでわかりやすい

もう、ここに入るしかないのだが入るにちょっと躊躇した

これは狭いだろうと外からでもわかる、そして綺麗さなんて軟弱な考えこれっぽっちもなさそうな気合の入った店構え・・・ そうあの人気テレビ番組に登場してきそうな・・・

しかし、これも何かの運命だ、私は意を決して戸をあけた

うーん、やはり狭い 店内はカウンターのみで10席ほど、背と壁の間はほとんどない、

ご主人がまた手強そうな雰囲気だ、しかし、すぐにそれは見た目だけで愛想が良い人だとわかる

「ちゃんぽん」を食べようと店に入ったのだが「皿うどん」も気になる、長崎ちゃんぽんのお店っていつもここで迷うんだよな しかし、ここは初志貫徹、 

馬券も最初決めていた買い目を土壇場で変えると失敗する、数々の失敗を糧に私は学んだのだ

わたしは「ちゃんぽん」を注文した これでいいのだ

注文してあらためて店内を眺めてみた

黄ばんだ手書きの品書き、こだわりの無い調味料、オシャレのかけらも無い普通のコップ、昔のダイヤル式電話、水着の美女がジョッキ持ってるポスター、 

丼ぶりの上にティッシュの箱がおいてある こんなのチェーン店系のお店なら本社マネージャーとかに怒れちゃうんだろうな でも大したことじゃないよなこんな事、バカが神経質すぎるんだよ

こういうお店最近無いよなぁ 最近はみんな小奇麗でオシャレにしちゃってさ、どこも同じような内装で、JAZZなんか流してるんだこれが コルトレーンは食い物屋で流す為に吹いてたんじゃねぇぞ 

なんてこと考えてたらきました、きました「ちゃんぽん」

うーん、量多し、野菜多し、この野菜たっぷしが「ちゃんぽん」はうれしい

まずはそのまま一口、うむ、これは昔なら絶対美味いと思わなかった味だ、

以前はラーメンとかこってりした濃い味が好きだった、しかし、そういう味付けは最初「うまい」と思うのだが食べ進むうち飽きてきて、食べ終わると後悔する事が多かった

ここの「ちゃんぽん」は最初物足りなさを感じるが食べるほどに「うまいなぁ」と思うようになる 

細く切った薩摩が揚げが良い、アサリが良い、柔らかいキャベツが良い、太い麺が良い、やさしいスープが良い 

途中で酢を欠ける これがいいんだな、でもこういうのラーメンマニアとかだとダメなんだろうな 

途中で水を飲むな? 隠し味わかる? わからない? まだまだだね、 けっ、うっせーよ

結構な量だったのにすっかり食べきってしまった スープも飲みきってしまった あー良い感じだ

私は御代を払ってお店を出た 

そのとき気付いた あの”認定書”が張ってあった

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/952-dd5c0a05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。