食道楽の作法  佐藤隆介 著


食道楽

食道楽の作法  佐藤隆介 著

最近、日本人の大人の立ち振る舞いがどうかと思うことがある

まぁ、自分も似たようなもので他人様の事を言えないがそれを承知の上でも
「いい大人が・・・」と思ってしまうことが最近とても多い

ただ単に歳を取ってきたのか、それともやはり日本人の行動(行儀)が悪くなってきてるのか・・・

著者は池波正太郎の書生を務めた方でいろんな作法にこだわりがあった池波正太郎を近くで見てきた方

私は立ち振る舞いや行動でわからなかったらマナー本を読むより池波正太郎を参考にすればいいと思っている だってそのほうがカッコいい

そう、今私が思っているのはカッコ悪い大人が非常に多くなったと思うこと、特に食べる事で

この本の中でメインテーマなのは「今日という日が人生最後と思って飯を食い、酒を飲め」である

そう思っていれば「安けりゃ何でもいい」なんてとは思わず、結果デフレだって解消される 

これは何も食べる事だけに通ずる事ではないはずだ、生きる事すべてに通ずる格言

そう「食べる事は生きること」なのだ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/938-9b64958b