スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長のDISC BLOG ☆SOUL Ⅱ SOUL 「Keep On Movin」


キープ

GUITARで有名なGIBSONがオーディオに進出という記事を見ました

あの”GIBSON"のロゴのスピーカーとか出るんでしょうか? だったらかっこいいな

GIBSONといえば激しいHARD ROCK SOUNDが特徴ですがエレキギターって面白い楽器だと思うんですよ

いろんな楽器があるけど音をわざと歪ませるなんていうのはエレキギターぐらいでしょう
これはギタリストなら常識ですがよく考えてみれば歪んだ音なんて音質的にはNGのはずです

もっともエレキギターも最初から歪ませていたわけじゃなく時代とともにROCKなどをやる上でドラムなどの大きな音に対応せざるを得ない状況でAMPのヴォリュームを上げていったら音が歪み、その歪んだ音が意外と良かったというところからこうなったのですが、音を数値化したらOUTなのに人間の耳はこの領域の音を気持ち良いと感じてしまうのは不思議なものです

☆SOUL Ⅱ SOUL 「Keep On Movin」

これはアナログ12インチシングル、この曲が入ったデビューアルバム(club classics voi.one)をCDで持っているのですがアルバムのほうはなんかイマイチ、というかフツー

他のアーティストのものでも同じような感覚を感じる事があるんですがCDのほうがたしかに音がクリアーだしバランスも良いし音が良い、と思うのですがのめり込めないんです

これはどうしてなんだろうと考えた結果”歪み”が影響してるんじゃないかと

CDはデジタルなので音のひずみの部分はCUTされてしまう、対してアナログは耳に聞こえない歪みが残ってしまう
でもその歪みが実は影響をしているのでは・・・

何でも無駄なく綺麗にすれば良いってもんじゃない

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/895-7aefca01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。