「店長のDISC BLOG」  SPOONIE GEE 「The Godfather Of Rap」


SPOONIE GEE

SPOONIE GEE 「The Godfather Of Rap」

自分的に2012年はヘルニアとHIP HOPと「一口茶屋」(コーヒーとタイヤキ、よく食った)の年だった
HIP HOP,Coffee&タイヤキがヘルニアの痛みから助けてくれた、といえる

HIP HOPは聴く前は全部同じ的な印象だったがよく聴いてみると一人一人カラーが違う
音楽的な形式はパターンが決まっているがその中で自分らしさを醸し出すという点はBLUESやJAZZと同じ

考えてみればBLUESもJAZZも黒人音楽のROOTS、
HIP HOPがその流れを引き継いでいるのは自然な事なんだろう

SPOONIE GEE 「The Godfather Of Rap」

HIP HOPといえばその詞の内容やラッパーの風貌から”暴力的”という印象が強いが
やはりBLUESと相通ずるところが多い

それとHIP HOPは音の良いものが多く、自分は90年以前のものが好きなのだがその辺はとくに良い!

このアルバムは1987年リリース、この辺のHIP HOPの音が好きなんだな(実際HIP HOP人気がもっともあったし)

SIDE 2(4曲)はTEDDY RILEYがプロデュース
で、気が付いたが自分の好きなのはTEDDYが関わっているものが多い 

今タイヤキもいろいろな中身があるがやっぱり1番は「小倉あん」だな

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/859-451d66bd