スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「店長DISC BLOG」 ROLLING STONES 「TATTOO YOU」


刺青

ROLLING STONES 「TATTOO YOU」

「アメリカすげえ!」

当時16歳だった私は池袋西武レコード売り場で流れていたLIVE映像をみて心の中で何度も叫んでいた

でっかいスタジアムに派手な装飾に彩られたステージ、何万人いるかわからない観客

カラフルなバルーンが数え切れないほど降り落ち、そのバンドのギタリストはギターも弾かず、
ステージの端っこに座り、あろうことかウイスキーをラッパ飲みしていた

そのバンドはROLLING STONES 

映像は81年ツアーを収めたドキュメンタリー映画「Let's Spend The Night Together」

当時日本では武道館がもっとも大きなコンサート会場だった
それに比べてその映像の会場は10万人収容のアメリカンフットボール・スタジアム

「アメリカすげえ!」と当時埼玉の高校生が思うのは当然だろう

STONESはイギリスのバンドだがアホな私は外国のアーティストはみんなアメリカ人と思い込んでいた
しかしアメリカだろうがイギリスだろうがどうでもいい、わたしはたちまちSTONESの魅力にはまっていった

「Let's Spend The Night Together」は「STILL LIFE」というLIVEアルバムがあるが
「TATTOO YOU」の発売に伴ったツアーである

A面が「STAT ME UP」をはじめとするUP TEMPOのナンバーを集め、B面はおちついた渋いナンバーが揃っている
なので聴く時はぜひLPで聴いてもらいたい

捨て値無しのいい曲が揃っているのになぜかあまり評価が高くない、

STONESってそういうアルバムが多いのはなぜなんだろう?


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/821-337dc2a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。