スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の1枚 「ロックで独立する方法」 忌野清志郎




今週の1枚 
「ロックで独立する方法」 忌野清志郎

清志郎関連の本はたくさん出版されているがこの本はかなり異質です

その内容もこの「ロックで独立する方法」というタイトルどおりロック・ミュージシャンが独立して
やっていくにはどうしたらいいかという方法論、というより心構え的な内容なんで

でも、そんなのただに一ファンにとっては関係ないし、音楽やっている人もまずはプロにならなきゃ意味が無い

ただファンとしてはRCの解散時の話など詳しく具体的に語っているのでやはりスルーするわけにはいかない

ブルーハーツのマーシーが解散したいのでそのあとのアドバイスを求めてきた、なんて今まで知られて無い話がさらっと出てくる

この本を読むとバンドって表面上では見えない裏ではいろいろな事があるんだなぁ、とつくづく思う
でも、一ファンとしてはそういう下世話な話のほうがやはり興味ある

この本の中で自分が印象に残った話は
音楽に関する報道なのに”数”ばかりクローズアップされ、
肝心の音楽についてはほとんど報道されないという事

たしかに先日のAKBの総選挙でも話題なのは誰が何位で、
視聴率がどれくらいで投票数が何万票でCDがどれぐらい売れたなど、まさに”数”についてばかりで
売れたCDはどんな曲だとかそういったものは一切取り上げない

ファンもおまけ付きお菓子のお菓子は食べずに捨ててしまうみたいに投票券を抜いたら中古CDショップに売ってしまうとか、それならいっそ投票券だけ売ればいいんじゃね? 無駄も出ないし
 
その不自然な事にとっくに気付いてた清志郎はやっぱすごい人なのだ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/779-c44f4d9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。