スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長の孤独なグルメ 最近フルーツ りんご

青森の山田さん

俺は普段、果物はあまり食べない

向いたり切ったりするのが面倒、というのもあるが
昔、子供の頃食べた果物は大体すっぱかった

みかんは手軽に食べれるので好きだったが
それも、中には結構すっぱいものがあった

だから、嫌いというわけではないがわざわざ手間をかけてまで食いたいものではないな
ということで敬遠することが多かった

特にりんごなんかはもう何年も食べた記憶がない 昔のりんごは酸味が強かった
むくのも大変だった スイカやメロンのように柔らかくなかった


しかし、たまにものすごくフルーツを、いや、果汁を体が欲するときがある
きっと体がビタミン不足なんで要求しているのだろう

先日も夜九時ごろテレビを見ていたら猛烈にフルーツを食べたくなった

この”フルーツ食べたくなった症候群”が発症すると誰も抵抗できない

俺は何かないかと台所を探した
と、どこから送られてきたらしい”りんご”を発見した

「うーむ、りんごか・・・・」

俺はそのりんごを手に取り15秒間考えた 他に果物はなかった 

しょうがない、俺はそのりんごをむき始めた
「りんごの皮をむくなんて何年ぶりだろう? 面倒くさいから皮のまんまでいいか?
 いやいや、農薬や放射能の影響もあるかもしれないし・・・」


なんてどうでもいいことを考えながらも無事皮をむき終え、それを適当なサイズに切った

「うん?なんか中にしみのようなものができてる もしかしたら悪くなってるのか?」

りんごの真ん中あたりが色が変わっていてしみのようになってるのだ
腐っている? そんな感じではない

俺はとりあえず、恐る恐る一口かじってみた

「・・・・・・・・・うまい」

昔のようなすっぱさがまったくなく、すごく甘い まるで蜜が入ってるような・・・
そうか、あのしみのようなものは密なのか そう言われればテレビで見たような気がする

一片だけでいいやと思っていたのに全部食べてしまった

この前食べたみかんもすごく甘かったな 
「そうか、農業も進化してるって事なんだな、ありがとう山田さん」

と、青森あたりのりんご農家の山田さんに感謝するのであった

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/651-cfa7fd16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。