スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい音って?





相変わらずレコードを買って聴いているわけですけど
以前は邦楽、洋楽気にせず買っていたのですが最近は洋楽(外国盤)メインになってきています

やっぱり”サウンド”が違うんですねぇ
日本人と、外国人では音に対する感性が違うんだと思います

自分なりに感じていることなんですけど外国の方は感覚的に感じたことを優先するのに対して
日本人は知識で得たことを優先する、民族の違いのようなことだと思います

昔の洋楽のサウンドは、ざっくりして凸凹した、悪く言えばバランスが悪い(BASSが以上にでかいとか)
日本盤(洋楽も)は逆にひとつ、ひとつの音が平均していてバランスが取れている

そんな印象があるんですが洋楽のざっくりしたバランスの悪い音のほうが良く聴こえるんです
日本盤はたしかに音のバランスが良くて”きれいな音”なんですがダイナミックスさが無い

これは、たしかに好みの問題だと思いますが(今時レコードで、しかもGUITAR AMPで聴いているぐらいですからね)
日本人は大体バランスのほうを取るんですね

しかし、音だけじゃなくて、全ての分野でもそういう感じですね

そう、そう、中古レコードのジャケットでも外国盤は結構ボロボロのものがあります
テープで補修してあったり、名前とか、マジックで落書きが書いてあるものもたまにあります

対して国内盤は比較的きれいで盤も状態の良いものが多いです
買う人も日本人はジャケットがボロい物は嫌がりますね 落書きなんてもってのほかですね

でも、自分はまったく気にならない 

逆にそういうレコードのほうが好きですね 安くなるし

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/643-bca424d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。