スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日は芋掘りよりレコ彫り その2

秋の日曜日の夕方 

いつものように下北沢FLASH DISC RANCHでレコードをサクサクする幸せな時間

店長の椿さんにさらにオススメしてもらったのが
JOHN HAMMOND 「SOURCE POINT」

ハモンド
なんでも「今(店で)掛けていたばかりなんだ すごくいいから」と椿さんのお墨付き
ならば間違いない、ということで即GET

☆薦められたときはあれ?って思った JOHN HAMONNDってたしかプロデューサー・・・ 
 あの「スピリチュアル・コンサート」を企画した 
 自分でもアルバム出してた? しかもGUITARとか弾いて???

 このJOHN HAMONNDは甥っ子ですかね? 

 いや、いいっすよ、これは SLIDEが堪らないです サザンブルースな感じでホンワカしているけどダレテいない
 このサジ加減がうまい人は優秀なBLUES MANです   
  

さらにもう1枚 JESSIE HILL 「NATURALLY」
ジェシーヒル
この人も知らない人(あまりにも知らなくて嫌んなっちゃうな)なんですが
このジャケはどこかで見たことある 誰かが紹介していたような・・・ うーん、思い出せない

☆ジャケがいいっすよね! いかにもBLUES 
 もちろん内容もいいです、ストレートなBLUESってなく、ちょっとひねくれた、見た目そんな感じの人ですよね

 SIDE AのLASTの曲 「LIVING A LIE」は素晴らしいSOUL BALLADで清志郎が日本語に代えて歌ったら
 バッチリ合いそうです 

この日は他にもJOE TURNER AND JIMMY NELSON 
(JOE TURNERはこれで3枚目ですが1番好きかも やはり古い録音がいい)
ジョーターナー
ROBERT PALMER 「SECRETS」 
(1stに比べるとずいぶん垢抜けた感じでFUNKYさが増しています 好みの問題になりますけど自分は前のほうがいいかな)

QUINCY JONES 「BODY HEAT」
(100円コーナーでGETしたんですけど、今まで聴いたクインシーの中で1番! ワン・コードでGROOVEしていて最高です)   
 

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/618-8f001512

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。