スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長の孤独なグルメ 池袋編

俺にとって池袋というのは東京への玄関口で、だから数えられないほど訪れている
もう、ホームタウンのようなものだ

池袋に出るとまずはここで腹ごしらえをしておきたいと思うが
どうもここだというお店が無い

最近、池袋はラーメンの激戦区で人気ラーメン店が多いが、大体どこも狭く、行列している

俺は何か食べるのに並ぶなんて嫌いだし、肘があたりそうになりながら食うのもいやだ
だが、そんなこと言ってると東京は食べるところなんか無い

しかし、”食事はゆったりと満たされていなければならないのだ”

私はその日池袋でいつものようにレコ掘りをしていた、無事何枚か収穫
気付いたら空腹だった、もうお昼はとうに過ぎている

すぐ近くに「タカセ」がある
ここは安くって、駅前にありながらそんなに混むことなく一人でも気兼ねなく食事をすることが出来る
池袋ではオススメのひとつだがその日は今ひとつ気分じゃない

そして、なんとなくふらりと新装されたばかりのデパートの地下食品売り場に足を踏み入れた
惣菜コーナーには美味しそうな弁当がいくつも並べられている 

「おお、これは」

あるお店の前で足が止まった
大きなチャーシューのブロックが500円 これは安い、がチャーシューなんて今買ってどうする
その横においてあるお弁当がどれもボリュームたっぷりで安いのだ

大きく厚みのあるハンバーグの弁当が500円、じつは俺はハンバーグに目がないのだ
ステーキ屋でもハンバーグを注文してしまうほどなのだ(だったらステーキ屋に行くな)

しかも昼が過ぎてるので値引きしてあって400円
ほかの店の半額だ、しかもコロッケとかの惣菜も安い コロッケは1個50円

「この弁当とコロッケ2つでちょうど500円 安くってボリュームもあって豪華じゃないか」

俺は見た目は平静さを保ちながら心はもう穏やかじゃなかった、しかし、それをどこで食べる?

「そうだ、屋上だ」

ここのデパートの屋上は広々していて誰でも利用できるテーブル、椅子がある
昔はメリーゴーランドや動物カーがあったが今はもう無い

買ってそこで食べればいいのだ 「孤独のグルメ」と同じだ
「孤独のグルメ」の主人公はうどんを食っていたが俺はその上を行くぜベイべー

さっそく俺はその「デミグラスハンバーグ弁当&コロッケ2個」を買ってそのまま屋上へ向かった

屋上は大きな空が広がっていて、さわやかな風が吹いている

俺は自販機で缶コーヒーを買って弁当を広げた

弁当は温かくは無かったがハンバーグはボリューム満点で美味い、
さらにはコロッケも2つあるんだぜOh Yeah! ワンコインでなんて満足感なのだ

あっという間に食べ終え、食後のコーヒーが美味い 
上を見上げれば青い空に雲がゆっくり流れている、さっき買ったレコをチェックしようかな

いや、しばらく空を見ていよう この上ない贅沢

フランス料理のフルコースや気取ったところで懐石料理なんてありがたがって食ってる奴らにはわかるまい 
わからくていいからね

このままここは変わらないで欲しい・・・

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/588-a7bbf4f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。