スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の1枚 「朽ちていった命」NHK 東海村臨界事故取材班 新潮文庫


朽ちていった命2

「朽ちていった命」 NHK 東海村臨界事故取材班 新潮文庫

今もって「それでも原発は必要」と言ってる人
これを読んでもそう言えるのか?

1999年、茨城県東海村核燃料加工施設(JCO)で起きた臨界事故
の被害者、大内久さんの83日間に及んだ被爆治療の記録

壮絶で恐ろしいとしか言いようが無い
それは人間の想像(医療の限界も)をはるかに超えている

病院に運ばれてきたときは普通の人と変わらなかった状態が
最後は誰だかわからない姿になってしまう、しかも治療をしているのに

誰でも最後はもう「やめてくれ」と思ってしまうだろう

これは原発があるから起きたことでマニュアル云々は関係ない

これを読んでも「いや、やっぱり原発は必要だ」というのは人命軽視だ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/499-0a92324e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。