スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下北沢探訪 その2


スズナリ

さぁ、下北沢デビューです、これで私も立派な下北ベイべーです

下北は駅をはさんで南口と北口に別れ、どちら側も多くのお店があります

多いのはやはり服屋さんと雑貨屋さん、中古レコ屋さんも多い



東洋百貨店



そして、演劇の街といわれるだけあって芝居小屋
洋服屋さんとか雑貨屋さんが多いのは芝居に使う人が多いからかな?

あとは飲み屋さん、これは昔から劇団員が打ち上げで使ったり
劇団の人っていつも飲んでるイメージがある
食事に力を入れてるダイニング・バーと言うんですか?も多いです

街を歩いていて感じたのはオーガニック、街全体が健全なイメージ

パチンコ屋とかはなく、居酒屋は多いがキャバクラなどは無い
もちろんいかがわしいようなお店も無い、なので子供づれでも安心して街を歩ける

こういうところが住みたい街No1に選ばれる理由なんだろうなぁ

お店の傾向は作りからして手作り感のあるお店が多い
自分で材料調達して釘打ったりペンキで色をぬったり絵を描いたり
その素人っぽさがいいのだ、そういう感じ

今の若い人(草食系)はそういうものが好きな傾向がありますね
古着を買っているのは断然若い人で40以上のお客はほとんどいません
逆に中年以上の人は古着を嫌います

食事をするにしてもスーツを着ないとは入れないような高価なフランス料理やイタリア料理
は敬遠され、手書きのメニューが店先の黒板に書いてあるような
ひとり2,3千円で飲んで食べられるようなアットホームなお店が好まれる

これは街が若い人の好みに合わせたわけじゃなく
もともと下北にはこういうお店が多く、若い人の好みが変わってきて
今、マッチしてると、そういうことだと思う


つづく・・・

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/422-b3c9e596

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。