菊花賞から考える馬券考察

クラシック最終戦「菊花賞」は7番人気ビッグウィーク
見事勝利しました

京都の芝の馬場はいつもなら外差しが有利なんですが
土、日の競馬を見ても内を通った先行馬が残っていました

「外が伸びる」と言いますが、これは先行馬が伸びないだけです
だって、同じところからスタートして外を回したら内を通った馬より余計な距離を走っていることになります

普通ならそんなことをしたら負けるのが当たり前ですが競馬ではそんな馬も勝ってしまう
それは先行した馬がバテてしまった時と内側が荒れていて伸びないとき

そんな事ものともしない突出した馬なら別ですが、そんな馬は何年かに1頭
ディープインパクトのような馬です

しかし、ディープインパクトのような馬は今はいない
条件にはまった馬が勝ってしまうのが今の競馬です
ビックウイークはまさに条件を味方につけた川田騎手の好騎乗だったと思います

ビッグウィークはこのブログでは候補に上げませんでした
しかし、土、日の京都のレースを見て「先行馬が残りそうだ」と思い
「神戸新聞杯」で先行して3着に粘ったビッグウィークを相手の1頭に加えました
それを決めたのが締め切り5分前、もうブログを直せません

さてレースは私の予想通り先行馬が上位を占めました
唯一後方から2着まで来たのが◎ローズキングダム
1番強い競馬をしていると思いますがそれでも2着が精一杯
ビッグウィークは口笛を吹きながらゴールしました、そういうことです

馬券で勝負するのならギリギリまで待つこと、せめてパドックくらいは見るべきです
2番人気のトウカイメロディーは体重8Kg減 パドックでも集中力がなかった

3000Mの競馬ではこれは良くない
しかし、これもパドックを見なければわからない、一時は本命にしようかと思った1頭です

馬券で勝負するにはいろんなことを考慮しなくてはいけません
実績 騎手 血統 馬場状態 馬の状態 天気 展開・・・

そんなたくさんのこと調べたら当然たくさんのレースは買えません、2レースがいいところ
だから私は週に1レース、たまに2レースしか馬券は買いません

以前は1日5レース以上買ってました、たいした調べもせずに
しかし十分に検討し、レースを絞ってからは的中率は上がっていると思います

JRAのホームページをみるとその週の重賞レースだけデータが載っています
新聞などでも重賞レースは紙面を多く割いている
それだけでも他のレースよりは格段に当てやすくなっている

それでも馬券を当てるのは難しい、そんなにデータがそろっているのに
では、データがない他の条件戦のレースはどうでしょう?
JRAに寄付するようなもん べつにJRAのファンではありません

せっかく競馬場に来て1レースだけなんてつまらない?
私は買うレースは1レースですが、競馬で1週間楽しんでますよ
データを調べて、血統を調べて、参考レースのVTRを見て、追いきりをCheckして・・・

1日に費やす時間は10分、20分ですが、それが1日のいい息抜きになっています

今週は古馬の最高峰レース「天皇賞・秋」GⅠ 東京 芝2000Mが行われます
十分に、そしてゆっくり時間をかけて予想をしたいと思います

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/299-5de795df