今週はダービー03

今年の「ダービー」で最も注目しているのが

「青葉賞」優勝馬のペルーサです

このペルーサ、その「青葉賞」では圧巻の内容でした
2着に0,7秒差をつける圧勝
2400Mで、差しきってこの差というのは
なかなか出来るものではありません

過去このレースからは優勝馬がまだ出ていません
「ダービー」と同条件(東京芝2400M)なのに
これは不思議なことです

名馬といわれた シンボリクリスエス ゼンノロブロイ
といった馬でもダービーでは敗れています

特に、父ゼンノロブロイが敗れた相手が
ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースなのです
時を越えた決着が今まさに再現されようとしているのです

今年の「オークス」はGⅠ初の同着決着という名勝負でした
ならば「ダービー」はそれを越えたドラマが
”父の無念を仔が晴らす”

そんなドラマが待っている気がしてなりません

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/150-cb58efb1