スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長のてくてく日記「元町中華街に行ってきました」


中華街01

元町中華街に行ってきました

駅からしてすでに中華一色ですね、まだ心の準備ができてないので戸惑いますがここで怯んでは負けです

まぁ、とにかくぐるっと一回りする事に、敵を制するには敵を知る事です

















中華街02

で、いきなり目に飛び込んでくるのは中華らしい派手な装飾のお店と漢字の洪水でなれない日本人はこれでまず圧倒されてしまう

で、目に付くのは「中華まん」 「天津甘栗」 「手相」 

「中華まん」はわかる、「手相」も日本の若い女の子が「新宿の母」に行列するぐらいだからわかる 

だが「甘栗」ってそんなに食べたいもの? 

中国人の押しの強さは凄いもんで、甘栗屋が道行く人に一個二個と試食させたりしているが、一個でも受け取るとそれっとばかり強引に袋を押し付け甘栗を詰め込みながら

「はいはいお兄さん、これ1500円だけど1000円でいいね」なんて売りつける、気の良い日本人は断れなくてどんどん買わされるから気をつけたほうがいい

でも、中華街は物価的には安いと思う

ランチは700円ぐらいで食べれる 今は牛どん屋の定食でもそれぐらいするが内容的に中華街のほうが上

自分はザー菜を買ったが500gでたった150円 

自分で切って塩抜きをしなければいけないがスーパーで売っている瓶詰め5本分ぐらいある それで味は最高

他にも中国茶、調味料など、珍しく種類もたくさんあって安い こういうものを買いに行くだけでも十分価値があると思う





中華街03

今回は「関帝廊」は前を通り過ぎただけだったが次はお参りして長い線香をあげたい







HOTEL NEW GRAND


初めてにしてはいい戦いができた まずは敵をよく知るということで・・・ 次は制したい

中華街で高揚した心を静めるには近くの山下公園で海を見つめるのも良い 
歴史ある「HOTEL NEW GRAND」にも泊まってみたい




コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/1072-a1a66bbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。