スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大韓ロック探訪記」(長谷川洋平 著)




池袋のDisk UNIONにいったらかねてから気になっていた
「大韓ロック探訪記」(長谷川洋平 著)があった、

しかも見つけたのにはCD-Rが付いている、本屋で見たときはCD-Rなんてついてなかった 

日本人にとって韓国音楽といえばもうK-POPがお馴染みでK-POPのCDは簡単に手に入れられる

が韓国ROCKというとほとんど馴染みがないし、当然日本では手に入りにくい、しかも昔のものとなると韓国国内でも入手は困難らしい、というわけでこのCD-Rに入っている音源は大変貴重

で、さっそく聞いてみたがこれが最高で大韓ロック、侮れん

でもこういうことは日本でも似たようなもので、今日本人に人気があり売れているのはアイドル物とかで
昔のGSやはっぴいえんどなどのROCKを若い世代は知らない人のほうが多い

むしろ海外の音楽ファンのほうが詳しかったりする

今韓国と日本は仲の良い状況とはいえない でもそれは歴史とか教育、メディアの取り上げ方が原因だ

そんなものまったく無視して音楽や漫画、食べ物などの”悪意のない文化”だけお互いの国民は見れば良いのだ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/1049-904f56e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。