店長のDISC BLOG 「BRASILEIRO」セルジオ・メンデス


セルメン

「こ、これはなんなんだ!?」

と思わせるアルバムがたまにでてくる、これがそれ

☆「BRASILEIRO」セルジオ・メンデス

セルメンといえば「マシュケ・ナ・ダ」だ、ボサノバだ

だがこれは頭から打楽器百人隊による、まるでサンバ・カーニバル これで盛り上がらなきゃ嘘でしょう

もちろんこれはブラジルの風雲児 カリーニョス・ブラウンの力が大きい、というかこれ、カリーニョスのアルバムなんじゃないの? セルメン、どこにいる?

って思ってしまうけどご安心を 

アルバム全体を聴けばブラジルに針が振れすぎてなくて、これはバックのジェフ・ボーカロやネーザン・イーストらアメリカで活躍しているミュージシャンの起用が大きい

この辺のサジ加減のうまさはまさしくセルメン 最高傑作!

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/1011-01aabc13