スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長のDISC BLOG 桜田淳子「VIVE! SEVENTEEN 桜田淳子リサイタル2」


淳子

☆「VIVE! SEVENTEEN 桜田淳子リサイタル2」

お店でかかっているの聴いてから気になってしょうがなかった

タイトルからして桜田淳子さんの17歳の時のLIVEなんでしょう バックはダン池田&ニューブリード 
徳光さんが司会をしています

オープニングは「ツァラストラはかく語りき」で、登場するんでしょう(映像じゃないのでわかりませんが)

この頃のアイドルのコンサートの構成は自分の曲はシングルのヒット曲ぐらいであとはほとんど洋楽のカバーです ここでも収録の3分の2はカバー こんなに他人の曲やってファンはつまらないんじゃ、と思いますがアイドルのファンは今も昔も曲なんてどうでもいいようで終始大騒ぎしてます

C.C.Rの「プラウドメアリー」は当時の大定番のようで他の多くのアイドルもやってます たしかにヒット曲だけどなぜ? ノリがよくて簡単だからかな? ここでは日本語に変えて歌っています  

そしてなんと「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」

男言葉で芸人よろしく、客いじりをしています なかなかこなれています ギャグも忘れません 最後は得意の秋田弁(秋田出身)も飛び出します 17歳の女の子ですよ この余裕、17歳とは思えません

極めつけはビートルズ、ジョージ・ハリソンの名曲「サムシング」

これも日本語に変えていますが、これをお店聴いた時は「こりゃ、すんげぇ」と思いましたね いろんな意味で・・・ もしかしたら本家を超えたか・・・ 演奏もMELLOWなGROOVE感でGOOD!

桜田さんは抑揚なく淡々と歌うので直訳にしか聞こえませんがこの人の持ち味はこれなんですね 

今の日本人の歌手は外国の歌手のマネみたいな歌い方する人多いですがあんなの見ていてなんか恥ずかしい 
コテコテの日本人なのに外国人になったつもりなんでしょう カッコワル

最後は「私の青い鳥」とかのヒット曲や新曲でコンサートを締めます 

当時のLIVE録音としては全体的にクリアーで音がいい、ニューブリードもいい演奏をしています

これ「2」ってことは「1」があるんですよね? それも聴いてみたいなぁ



コメント

非公開コメント

トラックバック

http://brownsugarshop.blog41.fc2.com/tb.php/1003-7e0d273f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。