スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROLLING STONES 観にいく?

昨年のポール・マッカートニーに続いて今年は大物が大挙してきますね

私は行きませんでしたけど「えっ?この人が?」みたいな人も観にいったと言っていますね

で、LIVEの感想評みたいなものをいくつか読むと「あの年で長時間すごい」とか「元気だ」とか「座ってみたいのに周りが立つので落ち着いて観れない」とか・・・

「これがLIVEの感想か!」と思えるのが多く見られましたが普段こういう感想はあまり聞きませんね 

ROCKのLIVEは大体3時間弱ぐらいはやりますしね、年齢がなんだろうがドームで1時間ぐらいで終わったら
「えーっ」ってなりますし、それにROCKは昔から立ち上がる人のほうが多い

それに演るほうは座って観られるより踊ったり一緒に歌ってくれたほうが気分がいいんですよ

”I Saw Her Standing There”でみんな黙って座っていて終わったらパチ、パチッて拍手して、その後シーンとして・・・ クラシックじゃないんだから・・・ 

さて気になることがひとつ

ポールを観にいった人はSTONESも観に行くのでしょうかね?

店長の孤独なグルメ 「超お得な海鮮丼」

外で食事しようとする時、俺けっこう決められない

「この店はどうだ? なんか入りにくいな」 「中華って気分じゃないんだよな」 
「ここはいったん候補にしといてその先にいいお店が無かったらここって言うことで・・・」

なんて、ひとりブツブツいいながら、結局、値にも決められないまま時間だけが過ぎていって、結局牛丼なんかで・・・ってパターン、 ホント、イヤになる

その日もあれこれ悩んでいるうちにどんどん時間が過ぎていきまったく入るべきお店が決まらないままランチタイムも終了する時刻・・・

もう、いつものように牛丼でもいいか、と妥協しかけた時あるお店が目に付いた
店作りからして魚料理のお店のようだ 

普段は魚系のお店はあまり入らないがその時はお魚、それも刺身が食べたくなった
しかもこのお店はまだランチをやっていた

ランチメニューを見ると刺身定食もよさげだったが「サービス 海鮮丼 500円(おしんこう、味噌汁つき)」というのが魅力的だった

「よし、ここだ」俺は(やっと)心に決め、お店の戸を開いた

店内は”大漁旗”なんかレイアウトしてあり、想像していた通りのお店だった

俺は席に案内されるとすかさず表のメニューの「海鮮丼 500円 (おしんこう、味噌汁つき)」を注文した

すると店員さんは「100円プラスで味噌汁をアラ汁に変更できますが・・・」というので”アラ汁”にしてもらった

アラ汁、魚の捨てるようなところが入っている汁物

昔の、子供頃の自分だったら絶対食べたいと思わなかった
というか魚がダメだった 海無し県育ちのせいか魚が美味いと思ったことが無かった 

ましてや外食で、しかも自分から魚の料理を注文するなんて・・・ 

「人間て変わるものなんだなぁ」なんて思っていると「海鮮丼 アラ汁変更」が来た

で、びっくりした アラ汁がたっぷしのどんぶりだ! 

しかし、これは汁物好きの俺にとって願ってもないこと
「俺の判断、GOOD!」なんて、もはやメインは海鮮丼ではなく完全にアラ汁になった

さっそくアラ汁を一口すする 「はぁ~、うまい」 

アラにも肉がたっぷり付き食べ応えがある、もう、これだけで十分だ

しかし、魚の”アラ”とかって汁に入れるとどうしてこんなに美味しくなるの?
何でこんなものが自然の中で泳いでいるの? 人間に食べられる為? 不思議だ  

もはや海鮮丼がオマケみたいになっているが、いやいやこの海鮮丼も悪くない 
よく考えれば500円、安い アラ汁がインパクトありすぎて印象が薄くなっているがお値打ちすぎる 

アラ汁と合わせると600円ということになるが外食チェーン店でも600円でここまでのものがあるかというと、無い、

俺、外食産業の、工場で食べ物を生産するって、なんか納得できない 車じゃないんだし
それで「どの店でも同じ味」って、やっぱ不自然 ところ変われば味変わるというのが当たり前なんじゃないの?  

なんて考えてたらあっという間に食べ終えた ”アラ”もしゃぶり尽くした 満足

会計はほんとに600円だった(当然だが) 

さぁ、これから2013年ラストのレコ掘り 素晴らしい音楽をGETするぞ!




ちょっとした奇跡

ちょっとした”奇跡”が起きた

それは都内でダウンジャケットを買った日の事

帰りに新宿のLABI YAMADAに寄りました

そこで店員さんにキャンペーン中だからと半ば強引にくじを引かされて、いつもはそんなもんはその後何かあるのできっぱりと断るのだがその時は店員さんのペースにはまってしまいくじを引いた

もちろんハズレでポケットティシュとインターネットの案内パンフレットを貰った

こういう余計なもんくれるから嫌なんだけどしょうがないんでジャケットの入った買い物袋に突っ込んで店をでました

そして電車に乗り、シートに座り買い物袋はけっこう大きくかさばるので足元に置いたんです

しばらくしてなんかヘンな匂いがするなぁと思ったのだが特に気にしなかった

しばらくすると電車内もすいてきたので足元に置いた買い物袋を膝の上に乗せようとしたのだが動かない
あれ?袋は軽いダウンジャケットが入っているだけなのに何で動かない? おかしい

ちょっと力を入れて引っ張ったら「びりっ」と音がして見ると、そのヴィニール製の袋は溶けたように穴が開いているではないか

なんと足元においていたのでそこから出ている電車のヒーターの熱で袋が溶けてしまったのだ
さっき変な匂いがしたのはその匂いだった

袋はどうでもいい、問題は中に入っているのは熱に弱いダウンジャケットである それも買ったばかり

「わわわ!!!」と思いながら中を確認するとものすごく熱くなっている

「これはやってしまったか」と思ったがここで奇跡が起きた

さっき貰ったインターネットのパンフレットが袋とダウンのあいだにあってガードしていたのだ
そのおかげでダウンはすごく熱くなっていたが見たところ外傷は無し よかったぁ

YAMADAの店員さん、ありがとう 今度何か買うからね 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。